経験や実績豊富な町田市の葬儀ランキングトップ5

第1位 平安メモリアル

  • 充実サービスなのに低価格なのは安心自社施行だから

  • 24時間365日年中無休でいつでも依頼ができます

  • 専門スタッフによる親切丁寧な対応と安心のサポート体制

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ
◎ ◯ ◎ ◎ ◎

平安メモリアルに対するみんなの口コミ

初めての葬儀で何も分からなかった私に、とても丁寧親切に色々と教えていただきました。不安がとてもあったのですが、そのたびに...
身内の急な不幸で、忙しくあまり時間がないまま、こちらにお願いしました。電話の対応でも非常に素晴らしく、不安だらけだった私...
葬儀社で失敗したくはなく、こちらを友人からすすめられたのでこちらを利用しました。担当の方の気配りがとても上手で、何度か救...

顧客のニーズや予算に合わせた料金プラン

平安メモリアルでは、「形式」や「規模」、「予算」といったさまざまな料金体形を、プラン別で設けています。高品質で充実のサービスのまま、不要なサービス分に料金がかかってしまう事は無くなりました。

第2位 湘和会堂

  • プライベートな空間にこだわっている施設です

  • 女性のスタッフにしっかりとサポートしていただけます

  • 丹精込めてつくられたお料理を出すことができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ
◎ ◎ ◎ ◯ ◯

湘和会堂に対するみんなの口コミ

良心的な葬儀屋さんだと思います。わからないことだらけの中、その都度、親身になって的確なサポートをいただきながら葬儀を進行...
安くシンプルな家族葬を湘和会堂さんであげました。無知なことも丁寧に教えて下さり、親切でした。段取りよく進めることができ、...
不安だらけの中、夜中に問い合わせたとき感じのいい人が対応してくれたのでこちらに決めました。特に問題もなくスタッフさんも丁...

冠婚葬祭や介護の施設を運営しています

町田市の湘和会堂を運営している平安レイサービス株式会社は、思いを分かち合うセレモニーをサポートしています。

第3位 くらしの友

  • 車で行くときにも便利な町田市の葬儀用の会館があります

  • こちらでは事前に葬儀のことを相談しておくことができます

  • 雨天でも出棺のときに濡れずに済むことができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ
◯ ◎ ◎ ◯ ◯

くらしの友に対するみんなの口コミ

家族葬でサポートしていただきました。高いプランや不要なサービスを押し付けられることなく、良心的だったと思います。社内との...
無宗教の葬儀をお願いし、心配ばかりしていたのですが、アドバイスをいただき葬儀を終えることができました。故人の希望も叶える...
くらしの友が運営する町田総合斎場さんで葬儀を行いました。心配だった予算内におさめることができました。お花の数も希望通りた...

感動される儀式を目指しています

くらしの友では、冠婚葬祭に関する事業を展開されています。顧客満足を追求し、人生の節目に適したサービスを提供しています。

第4位 セレモア

効果 価格・保証
◎ ◯
対応 規模・実績
◯ ◯
口コミ
◯

豊富な経験と実績がある葬儀屋です

セレモアでは葬儀前も葬儀後も的確なアドバイスができることから、多くの方が再度利用されています。また指定の契約も2400団体以上あります。

第5位 葬儀レビ

効果 価格・保証
◯ ◯
対応 規模・実績
◯ ◯
口コミ
◯

比較や検索のためのサイトを運営しています

葬儀レビを運営している株式会社みんれびは、葬儀以外にも、歯科や老人ホームの比較や検索サービスを提供しています。その他IT関連の事業も行っています。

葬儀のマナー理解してますか?

お墓遅刻は絶対にしないように。受付が混んで、並ぶこともありますので葬儀の始まる10分ほど前には到着するようにしましょう。
香典袋の表書きは、神道では御榊料、御神饌料(ごしんせんりょう)」、キリスト教式では御花料、御ミサ料(カトリック)などを用います。
「御霊前」はどの宗教宗派においても用いることができます。浄土真宗では正しくは「御仏前」を用いますが、町田葬儀屋の経験からすると、ほとんどの会葬者が「御霊前」を用いているようです。浄土真宗であるとわかっている場合は「御仏前」を用いましょう。
名前は薄墨で書きます。薄墨の筆ペンがありますので、それを使うと便利です。
葬儀会場においては携帯電話の電源を切っておきます。マナーモードも静まり返った会場では、聞こえてしまう場合もあるからです。
葬儀会場では、久しぶりに会う友人知人もいるので、つい話をしたくなりますが、その場では軽く会釈をする程度にしましょう。話をするのは葬儀が終わってからにします。
喪主への挨拶は、簡潔にするようにします。ひとこと、「残念です」、これで構いません。
葬儀は、亡くなった方との最後のお別れの場です。私達はそこで亡くなった方への敬意と哀悼の意を表します。敬意と哀悼の意を形にしたものこそ、葬儀のマナーです。

葬式の服装

葬儀のイラスト通夜においては、男性は地味な色のスーツ、女性は地味な色のスーツやワンピースを着用することとされていました。しかし町田市葬儀社の見るところでは、今ではブラックフォーマルを着用する方が多くなりましたので、ブラックフォーマルでも構わないでしょう。
通夜、葬儀告別式に共通する服装のマナーとしては、次のようになります。
ブラックフォーマルでは夏でも、男女ともに上着を着るのがマナーです。
バッグは、男性は持たないのが正式です。持つ場合は女性と同じように光沢のない黒い布製がベターです。しかし男女とも、今日では皮革製を持つことも多く見られます。皮革製でも差し支えありません。ただし、殺生を連想するもの、例えば爬虫類柄やバックスキンは避けましょう。同じ理由で毛皮もNGです。また、派手なもの、例えばバックルのブランドロゴが目立つベルト、キラキラ光るようなものも葬儀にはふさわしくありません。
女性のお化粧は控えめに。アクセサリーはパールのネックレスや結婚指輪程度にします。ネックレスは一連に限ります。二連のものは不幸が二重になるようなイメージがあるからです。
お葬式での服装は、自分を飾ることが目的ではありません。亡くなった方に敬意と哀悼の意を表すためのものです。

お通夜の流れ

お坊さんのイラストお通夜はもともと、故人と特に親しい人が、故人と一晩中を共にするものでした。
しかし、一晩中執り行うお通夜は、精神的にも肉体的にも遺族の負担が大きいので、現在では、6時か7時くらいから1時間程度執り行われる「半通夜」がお通夜の主流になりました。
遺族は葬儀社との打ち合わせや、受付の設置があるので通夜開始の1時間くらい前に葬儀会場に到着するようにします。通夜の行われる30分くらい前に僧侶が到着します。祭壇飾りや供花の位置は正しいか確認していただいてから、僧侶控室に案内して、茶菓でもてなします。その際、式次第や通夜ぶるまいに出席していただけるのかなどの、打ち合わせを行います。
参列者がそろったら、僧侶の読経が始まります。僧侶の指示に従って喪主から、焼香を始めます。
焼香が終わると僧侶は退席しますが、退席の前に法話や説法をすることもあります。僧侶が退席すると、喪主挨拶をして、参列者を通夜ぶるまいの席に案内します。通夜ぶるまいの時間は1時間から2時間くらいです。
以前は、お通夜や告別式は、自宅ですることが多かったのですが、都市部では会場を使うことが多いようです。町田市においても町田市葬儀会場のような、自宅以外で行うことの方が多くなりました。お通夜も世につれ、変わっていくようです。

喪主挨拶

木魚一同を前にしての挨拶もありますが、喪主挨拶は、様々なタイミングで行われます。
参列者が来る前に僧侶が到着した時、まず僧侶に挨拶をします。
次に、参列者が会場に来た時、一人一人に簡単な挨拶をします。言葉に詰まった場合には無言で頭を下げるだけでも構いません。
僧侶が入場し、読経の後、僧侶の指示に従って焼香が始まりますが、この時も喪主は焼香した人ひとりひとりに挨拶をします。
読経や説法が終わり、僧侶が退席した後に、喪主は参列者一同を前に、感謝の気持ちを伝える簡単な喪主挨拶をしますが、この挨拶は今では省略することが多くなりました。町田市葬儀においても、出棺の際の挨拶だけをすることが多いようです。
司会者が葬儀終了の挨拶をすると、ここから告別式となり、出棺となります。出棺の儀式が終わって火葬場に向かう前に、喪主挨拶を行います。挨拶には次のような内容を申し述べます。
① 自分と故人の関係。
② 会葬してくれたことへのお礼。
③ 故人のエピソード
④ 生前お世話になった事に対する故人への感謝。
⑤ これからも支援をお願いしたい気持ち。

喪主は、故人と一番関係の深い遺族がなる場合が多いので、悲しみに動揺して挨拶ができないことも少なくありません。そのような時は、事前に他の親族に代理を頼むのがいいでしょう。

(574) 498-1599